エステサロンのトラブル回避術

エステ契約でトラブルにらないために

エステサロンの契約で注意すること

エステのサービスの提供を受けるときにるときに交わすのが「契約』です。

 

高額なエステでは、「言った」「言わない」のといったトラブルが起きやすくなるため、やりとりの約束事を明記した契約書が重要になります。

 

エステティックの契約では、次のようなことが明記されているので確認しましょう。

 

・契約したサービスの回数、価格、有効期間、
・サロンで受けるサービスの内容
・中途解約の場合、クーリング・オフについての規約、支払い方法
・広告や口頭説明の内容が契約書と一致しているか?

 

 

契約書に書かれていることはすべて重要なので
面倒くさがらずにしっかりと内容を理解しておきましょう。

 

 

一方的にすすめられたままに契約しない

 

エステサロンと契約する際は、担当者と相談して、
自分が納得する内容で契約することが大切です。

 

担当者の勢いやセールスに押されて、すすめられたままに契約するのではく、
自分もしっかりサービスの内容・価格・料金体系、
基本コース、オプションコースなど理解した上で契約をしましょう。

 

 

 

エステサロンの中途解約

ブライダルエステでも契約期間が1ヵ月以上で費用の総額が5万円を超える場合の中途解約は、
中途解約ができます。その場合、解約手数料(上限2万円または、契約残高の10%相当額のいずれか低い額)
と既にサービスの提供受けた金額を差し引いた金額を返金してもらえます。

 

 

エステサロンのサービスは多種多様で、一括払い、都度払いなど支払い体系も異なります。

 

自分の目的に合ったサービスはどれか、体験コースなど利用して確かめるのも手です。

 

◆ブラダルエステの詳細